CALMA BY RYO OKAMOTO

CALMA

CALMAとは

未来の部族は現代に存在する。

CALMAとは未来の部族表現を現代におきかえたアートです。

博物館で鑑賞する部族とは、遠い密林の民であったり、あるいは数千年前の人類の記録をいいます。しかし、今を生きる我々もまた未来の鑑賞対象であるはずです。今、この時代をどう生きたか?
現代では地球の未来環境を見据えて生きる部族を作品展示し、未来では部族の資料としての博物館展示を目指しています。

Ryo Okamoto

岡本亮 - 1977年兵庫県生まれ。1996-2000年ロンドン、キャンバーウェル大学、セントラル・セント・マーチンズ大学で芸術を学ぶ。アラスカカヌー1000キロ全行程野営を始め、世界各国を放浪。その後輸入雑貨店を経営。各地での買い付けで現地から漂う歴史や営み、オフロードバイクレースやカヌー旅、多様な生物の生態系を通じて民族学に興味を持ち作品製作を続ける。2018年アートブランド「CALMA」を立ち上げる。

Ryo Okamoto — Website

Profile — PDF

FARO神楽坂 - 東京

2021年 6月5〜7月10日

at FARO Kagurazaka 

東京都新宿区袋町5-1 FARO神楽坂